コスモス・アース通信 最新号

第24号

あけましておめでとうございます

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくご支援、ご協力お願い致します。

 

  NPO法人コスモス・アースは7月に設立8年目を、障害福祉サービス事業所コスモス・アースは、

4月に開設3年目を迎えます。また、「グループホームとさき」は、4月で2年目の経営となります。

 昨年を振り返ってみますと、4月の味噌造り、9月6日上尾市役所前元気あっぷフェスタ参加、10月24、25日のコスモスまつり、11月2、3日の聖学院大学学園祭の販売参加、11月7日上尾特別支援学校学園祭、11月14日の上尾市障がい者手づくり作品展の参加等、これらのイベントを通して多くの方々との交流ができました。

 

 

 

(写真)理事、資源新報社太田原社長、

 会員元女優前田通子氏、コスモスまつり)

 

 聖学院大学ボランティア活動支援センターから、これらの行事に多くの学生のボランティア参加を頂きました。

リサイクルでは紙の分別に多くの利用者が熱心に作業に取り組み、分別した物の保管が手狭になったことから、株式会社富澤の協力を得て11月に倉庫を設置しました。

今年の4月から、新たに9人の特別支援学校卒業生の利用申し込みがあり、より充実した法人運営を行っていきたいと思います。よろしくお願いします。

 

 

 

 

温暖化対策パリ協定採択 

 

 パリで開かれていた国連気候変動枠組条約第21回締結会議(COP21)で、昨年12月12日新たな温暖化対策の世界枠組みを決める「パリ協定」が採択されました。

 

 

 

 

 

 これにより、すべての国が温室効果ガス削減に取り組む義務を負うことになります。世界の平均気温は産業革命前と比べ、1度近く上がっていると言われています。温暖化対策の長期目標として、「気温上昇を2度未満に抑える」ために「今世紀後半に人為的な排出と吸収を均衡させる」「実質排出ゼロ」を目指す。そのため、各国は自国の目標を提出、5年ごとに点検・見直しをすることになり、「日本は30年度までに13年比26%減」の目標も5年ごとに見直すこととなります。

協定では、「持続可能なライフスタイルや消費・生産の重要性」も強調、自治体や企業、市民社会も積極的に参加し、国をリードすることが求められることになります。

 

 「環境福祉」をテーマに紙のリサイクルに取り組んでいるコスモス・アースとしても、聖学院大学からは定例的に、利用者の家族等から随時新聞古紙等の寄附を受けておりますが、今後さらに、他の事業所、特別支援学校等との協力を得て、リサイクルの輪を広げ、市民レベルで温室効果ガスの削減、ゼロ・エミッション(ゴミ・ゼロ)に積極的に参加していきたいと考えております。

 

 

シンガポール見聞録

 

(埼玉県企業局、長浜尚、会員)

 

平成24、25年度の2年間、埼玉県から一般財団法人自治体国際化協会シンガポール事務所に派遣されていました。この協会は地方自治体の国際化を推進するため、1988年に設立され、シンガポールの他にニューヨーク、ロンドンなど7つの事務所を持っています。

 

埼玉県では東南アジアの活気を吸収し、埼玉県の更なる発展に役立てるため、職員を1人派遣することとし、幸か不幸か私が行くことになりました。シンガポール事務所では日本の地方自治体の首長・職員などの視察の随行、地方自治体同士の交流の連絡調整、観光博等における広報活動、地方自治体の組織等の研究を行っていました。

 

 この協会のルールでは、職員の派遣費用は派遣元の地方自治体が負担し、私の場合は埼玉県が負担。そのため、県の国際課が航空運賃、家賃等として年間約500万円を計上、しかし、この予算の算定は疑問でした。例えばシンガポールの家賃を日本円で月7万円と計上、しかし、世界一の人口密度を誇るシンガポールでは、不動産の値段は日本とは比べ物にならないほど高いもので、私が借りた2DKのマンション月々の家賃は、約35万円、契約時には敷金、礼金、契約金などで合計200万円を超えていました。4月初めで予算の半分近くを使ってしまったため、県の国際課に相談、返事は「君は何を考えているのか、郊外に住めば家賃は安いはずだ。そもそも家賃がそれほど高いのでは、貧乏なシンガポール人は生活できないだろう。」と怒られる始末。国際課はシンガポールの住宅事情を全く知らなかったのです。シンガポール国民は一定の年齢になると国からマンションが低価格で提供されます。そのため、そもそも家を借りる必要がないのです。また、日本では郊外=田舎=賃料が安いとなりますが、シンガポールでは郊外=邸宅=賃料が高いとなっています。郊外では各国の大使、現地法人の社長などがプールやゴルプのショートコースの付いた豪邸に住んでいます。ちなみに家賃は月額300万円前後です。

 

 シンガポールは、マレーシアとインドネシアに挟まれた、赤道直下にある小さな島です。面積は約720平方キロ、東京23区とほぼ同じ大きさで、そこに550万人が住んでいます。赤道直下にあるため、日本の78月の気候が1年中続きます。もともとマレーシアの一部でしたが、1965年独立。1867年からのイギリスの植民地時代、港湾の労働力として中国人、インド人等を住まわせたため、人種構成は非常に複雑で、中国系が約70%、マレー系が約15%、インド系が約10%となっています。

 

 狭小な国土のため、地下資源、大きな工場や農園はありません。そのため、人材育成には国をあげて力を入れています。小学4年生、小学6年生と中学卒業時の学力テストの結果によって、進学コース、就職コースとはっきりと選別されます。そのため、子供が3、4歳になると塾に通わせるとともに家庭教師も付けるという家庭も珍しくなく、シンガポールと比べると日本の受験戦争は大きな問題ではないように思えます。

 

 シンガポールの課題は水の確保です。熱帯性の気候で多くの雨が降りますが、国土が狭いうえに平坦な地形のため、水を貯めておくことが困難です。そこで、水の確保は4つの方法を取っています。①貯水池の活用、河口や入江にダムをつくり、淡水を確保、国内にある大きな沼や池は全て国が管理、このような貯水池は全部で17あります。②水の輸入、マレーシア・ジョホール州とシンガポールは海峡を越える大きな水道管で結ばれ、多くの水を輸入、マレーシアとは常に友好関係を保っていなければなりません。③下水の再利用、下水として集められた水は高度な浄水処理が行われ、再び水道水として利用、この水をニューウォーターと呼んでおり、高度な浄水処理には日本の旭化成の膜技術が採用されています。④海水の淡水化、淡水化にあたっては、日本の東レの技術を採用、海水淡水化施設は現在2か所あります。

 シンガポールは長い間水に悩まされていました。しかし、最先端の技術を用いて課題を解決するとともに、その技術をセットにして中東やアフリカなどに輸出しています。また、世界中の水関係の企業を誘致するとともに、水をテーマとした世界最大の国際博覧会を開催して、いまや水ビジネスと言えばシンガポール、自己の弱みを強みに変えてしまう、それがシンガポールの底力なのかもしれません。


 

 

*平成24年11月、長浜氏が派遣中のシンガポールを剣道仲間と訪問。マーライオン公園とマリーナベイ・サンズ(2500部屋、57階の屋上プールは圧巻)

 

*1942年日本軍が占領、昭南市と改名したことがある。

 

1人当たりのGDP56,286USドル、日本(36,221USドル)を抜いてアジア1位。(注大塚)

 

 

コスモスまつり

 

 今年も10月24、25日天候に恵まれてコスモスまつりを行いました。台風の影響もなくコスモスもみごとに咲きました。会員、利用者の家族、特別支援学校の実習体験者・家族を初め、理事の資源新報社太田原社長、元女優の前田通子さん、別所剣友会の皆さんなど多くの人が来てくれました。

 

 サツマイモ掘りで子供たちが土にさわり熱心に掘る姿、ボランティアの皆さんの芋煮に、「美味しい」と何杯もの「おかわり」にうれしい悲鳴でした。

 

 

 

 

 

 

また、畑で採れた野菜販売では、枝豆が飛ぶように売れ、ボランティア参加の聖学院大学の学生に急遽荷づくりを頼みました。

 

 

 

 

 

 

毛織体験では、実際に織って楽しんで頂きました。また、利用者のオンリーワンの作品をお買い上げいただきました。

リサイクルでは多くの見学者が実際の分別作業を体験して、資源の再生利用に理解をしてもらいました。

 

して、資源の再生利用に理解をしてもらいました。

 

 

聖学院大学大学祭に参加、野菜、毛織販売

 

看板娘も登場、学内を宣伝に練り歩き売上を伸ばしてくれました。

 

 

会員募集中

 多くの皆さんに会員になって頂きご協力ください。企業の社会貢献いかがですか。

 年会費(一般会員)3,000 (賛助会員)100,000

 お申し込みは事業所まで(048-782-9596)

 

*会費等(寄付金)の振込みは下記口座をご利用ください。

  埼玉りそな銀行 日進支店 (普通)3989305

  (口座名義)トクヒ)コスモス アース

 

法人住所

〒331-0823

埼玉県さいたま市北区日進町2丁目272

TEL  048-664-5711

 

事業所(生活介護)

「コスモス・アース」

上尾市大字戸崎384-1

利用者募集しております。

見学随時(要事前連絡)

是非お電話下さい。

TEL  048-782-9596

 

 > 詳しくはこちら